Stacks Image 607
Stacks Image 602
クラブ・ジャズ シーンにおいて日本を代表するバンドの一つとしてワールドワイドにその名を知らしめたクオシモード。
2006年に1stアルバム「oneself - LIKENESS」をリリースしCDショップのクラブ・チャートで軒並み1位を獲得、2ndアルバム「The Land of Freedom」を2007年にリリース、 Gilles PetersonBBC”WORLDWIDE”2007 BEST JAZZ RECORDS4位に選出、i-Tunes Music Storeでもジャズチャート1位獲得、そしてドイツの”SONAR KOLLEKTIV“よりワールド・ワイドでリリースと2007年クラブ・ジャズ・シーン最大の話題作となった。
LIQUIDROOMにて行なわれたリリース・パーティー を収録したライブ・アルバム「Straight to the Land of Freedom」を20083月にリリース、ライブ・アルバムとしては異例のセールスを記録。 200810月には待望の3rdアルバム「SOUNDS OF PEACE」をリリースし、クラブジャズでは異例のウィークリーオリコンチャート69位を獲得した他、iTunesジャズトップアルバム1位、タワーレ コード2008年度ジャズ・セールスチャート第2位を獲得した。
そして 2009年1月28日にはJAZZの代名詞「BLUE NOTE」レーベル創設70周年を記念したアニバーサリー・カバー企画の日本代表として、カバーアルバム「mode of blue」をBLUE NOTEよりリリースし、iTunseはもとよりAMAZONHMV、タワーレコードなどの各JAZZチャートで1位を獲得。更に4月、 quasimodeがこれまで行なってきたリミックス作品をコンパイルした「GOLDEN WORKS」を発表。
2009年、名門ジャズ・レーベルのBLUE NOTEと正式契約を交わし、堂々たるジャズ・アーティストとしての地位を築く。
同年12月、通算4枚目となるフル・アルバム「daybreak」をBLUE NOTEよりリリース。
一大ダンスクラシックナンバー、Relight My Fireをカバーし、全国各地のFMステーションのうち10局でパワープレイを獲得。
更に、アルバム収録曲のAll Is Oneは日本経済新聞社のTV-CMタイアップ曲として採用される。
また、Rules Of The Bloodは、集英社発刊のファッション雑誌マリソルのTV-CMタイアップ曲として採用される。
20102月からスタートした”daybreak Release Tour”も各地で大成功を収める。
非常に多くのライヴパフォーマンスをこなしつつも、驚異の制作ペースで作品を産み出し続けている。
20107月に開催されるフジロック・フェスティヴァル’10への出演、そして上海万博でのライヴも大好評を博した。
201012月、CDフォーマットとしては彼ら初となるシングル「WHISKY’S HIGH」をリリース。
ヒューマン・ビートボクサー、AFRAをフィーチャーし、ビデオクリップとともに大きな話題となる。
そしていよいよ20111月、彼らの通算5枚目となる最新作アルバム “Magic Ensemble”を発表した。
iTunes Storeでは、配信開始当日にアルバム総合第1位を獲得。また、アマゾンのジャズ・セールスも第1位を獲得する。
20113月よりバンド史上、最多となるライヴツアーを敢行し、全国22ヶ所、24公演を大成功に収めた。
20119月に開催された日本最大のジャズの祭典『東京JAZZ』では、グラミー賞を獲得した上原ひろみ、イギリスのインコグニートと肩を並べて出演し、『東京JAZZ』史上でも稀な、観客全員が総立ちになるなど、大きな話題を振りまいた。
20123月、彼らのバンド結成10周年を記念した彼ら初のベスト・アルバム「Four Pieces - The Best Selection」をリリース。
2012718日、「東洋一のサウンドマシーン」こと、クレイジーケンバンドの横山剣をゲスト・ヴォーカルに迎え、新機軸となるシングル “Summer Madness feat. CRAZY KEN”をリリース。
これまで通して来たアコースティック・ピアノや、ウッドベースから、フェンダー・ローズ、エレクトリック・ベース、更にはエレクトリック・ギターを駆使し、70sテイスト溢れるソウルフルな楽曲を披露した。
2012729日、日本最大級のロック・フェスティヴァル “FUJI ROCK FESTIVAL 12”に2度目の出演を果たし、その圧倒的でダンサブルなサウンドで、多くの観客を魅了した。
そしていよいよ20129月、通算6枚目となるアルバム “Soul Cookin’”をリリース。
quasimodeの躍進は止まらない!!
(2012.08.01.updated)


quasimode PROFILE
Yusuke Hirado on piano and keys/Takahiro "matzz" Matsuoka on percussion/Kazuhiro Sunaga on bass/Sohnosuke Imaizumi on drums On the club jazz scene, quasimode has introduced itself as one of the best band all over the world. In 2006, the first album "oneself-LIKENESS" was released. It acquired 1st place across the board with the club chart of the foreign-affiliated CD shops in Japan. In 2007, the second album, "The Land of Freedom", was released and it was ranked at the 4th place for 2007 BEST JAZZ RECORDS chosen by the J-WAVE'S radio program hosted by Gilles Peterson. The album became worldwide sensation; it was ranked at the top of club as well as Jazz charts of not only CD shops but also iTunes Store in Japan and SONAR KOLLEKTIV, Germany label led by JAZZANOVA, licensed the album and released it worldwide. A live album, "Straight to the Land of Freedom", which recorded the live featuring the second album at LIQUIDROOM was released in March of 2008, becoming a smash hit. quasimode released their much-expected third album, "SOUNDS OF PEACE", on October 2008 which was ranked at the 2nd place on the TOWER RECORDS Jazz chart for the year and chosen as the best Jazz album by iTunes. quasimode as a Japanese representative will release a cover album, "mode of blue", from BLUE NOTE label on January 2009, which is an anniversary cover album for its 70th anniversary. "mode of blue" was ranked at the 1st place on the AMAZON, HMV, TOWER RECORDS and iTunes Jazz chart. On April, "GOLDEN WORKS" that collects a lot of remix works that quasimode has done up to now was announced. They accomplish appearance to a lot of big events such "North Sea Jazz Festival" (one of the world three major jazz festival), "Tokyo Jazz" (Big Jazz festival in Japan), and "Rising Sun Rock Festival" etc. They exchange BLUE NOTE with the definitive agreement and on December 2009 will release 4th original album "daybreak". They produce music by a marvelous production pace and are a greatly noteworthy jazz band from which activity is expected more and more in the future.