ヘルペスを治すならバルトレックス!正規品バルトレックスの通販!

ヘルペスを治すならバルトレックス!正規品バルトレックス!
商品名 バルトレックス
メーカー GSK(グラクソスミスクライン)
有効成分 バラシクロビル
容量 500mg・1000mg
価格 1錠:142円~
購入ボタン

ヘルペスは、一度かかってしまうと定期的に発症してしまいます。
そんなヘルペスの治療にはバルトレックスがオススメです!

ここでは、ヘルペスを治すならバルトレックス!バルトレックスを通販でお得に購入する方法!について詳しく解説していきたいと思います。

バルトレックスはヘルペスの治療薬

バルトレックスは有効成分にバラシクロビルを含んでいるヘルペスウイルス治療薬です。
口唇ヘルペスと性器ヘルペスのどちらにも効果のあるお薬となります。

ヘルペスの治療薬としては、バルトレックスが第一選択薬として使用されています。
日本国内でも処方されており、ヘルペスで病院に行った方処方されています。
治療が短期間で行うことができ、ヘルペス以外にも、水痘や帯状疱疹などにも効果のあるお薬です。

正規品バルトレックスの通販価格を比べてみた

ここでは、正規品バルトレックスを購入できるサイトごとに価格を比較してみました。
※表は左右にスクロールできます。

バルトレックス 500mg
お薬なび ベストケンコー メデマート あんしん通販マート
30錠 - 6,363円 - 9,694円
42錠 6,650円 - 6,650円 -
84錠 11,970円 - 11,970円 -
1錠当たり 142円~ 212円~ 142円~ 323円~
通販
※表は左右にスクロールできます。

バルトレックス 1000mg
お薬なび ベストケンコー メデマート あんしん通販マート
21錠 5,700円 5,913円 5,700円 11,680円
42錠 10,260円 9,714円 10,260円 19,272円
84錠 18,240円 18,016円 18,240円 -
1錠当たり 217円~ 214円~ 217円~ 458円~
通販

⇒バルトレックスジェネリック通販はコチラから

バルトレックスはまとめ買いがお得

バルトレックスは、まとめ買いすることで、割引率が上がり安く購入することができます。
1000mg錠の最安値、お薬なびとベストケンコーで比べてみます

お薬なび

  • 21錠  5,700円→1錠当たり 271,4円
  • 84錠 18,240円→1錠あたり 217.1円  

ベストケンコー

  • 21錠  5,913円→1錠当たり 281,5円
  • 84錠 18,016円→1錠あたり 214,4円

まとめ買いすることで、お薬なび・ベストケンコーの両方のサイトが、1錠当たり、約60円ほど割引されるようになります。

バルトレックスを通販する方法

通販

バルトレックスは海外の医薬品を個人輸入するという形で通販することができます。
いきなり個人輸入と聞いてしまうと難易度が高いと感じてしまうかもしてませんが、ショッピングサイトで通販するように簡単に購入できます。

個人輸入で購入できるバルトレックスは、日本国内の病院で処方されているバルトレックスと中身は同じものですが、海外製造、販売されているものなのでパッケージやシートの印字が英語表記になっています。

個人輸入の際には個人輸入代行サイトを利用すると便利です。
自分で、個人輸入を行うためには、製造している業者に発注をしたり、輸入する際の税関など様々な手続きが必要になります。

個人輸入代行サイトでは、めんどくさい手続きを代わりに行ってくれます。
あくまでも、業者に発注し発送の手続きを行ってくれるサイトです。

楽天やアマゾンで購入することはできない

出来ない

バルトレックスは楽天やアマゾンなどの通販サイトでは購入することができません
これは、バルトレクスが要指示医薬品となり、医師の処方がなければ販売することができないためです。

医師が検査や診察を元に処方せんを出し、院内処方または調剤薬局での販売となります。
バルトレックスがその人の治療薬として正しいと選択された時のみ処方されます。

楽天やアマゾンなどでは医師が薬を販売することもありません。
あくまで出店者がいることで通販サイトとして成り立っているサイトになるためです。
医薬品の個人輸入をする際には様々な手続きをする必要がありますが、その手続きはとても大変なものです。
そのため、個人輸入代行しているサイトでのみ販売されています。

安心して通販できるサイトは?

バルトレックスを安心して購入できるサイトにはお薬なびがあります。
管理人自身が初めてバルトレックスを購入してから、4年ほどお世話になっているサイトです。

お薬なびは2009年から運営されており、バルトレックス以外にも様々な効果を持った医薬品やサプリメントが販売されています。
また、カスタマーサービスなども充実しており、メルマガでクーポンを配布していたりもします。
今まで一度も商品が届かないということがなく利用できているサイトです。

安心できるサイトの条件

安心できるサイトの条件には

  • サイトの運営情報が明確である
  • 運営歴が長い
  • カスタマーサービスがある
  • 商品の詳細が明確
  • サイトURLがhttps://~で始まる

これらの条件があります。

まず、サイトの運営情報には会社の住所や代表者名などが記載されています。
これがないサイトは実在しているサイトかどうかも怪しいサイトとなります。

それに伴い運営歴が長いこともポイントです。
運営歴が長いということはそれだけの期間、そのサイトを利用している人がいるということになります。
老舗の店舗の方が信頼や安心できるということです。

次にカスタマーサービスの有無です。
電話で対応してくれるということは、きちんと人が話を聞いてくれているということになります。
ネットに疎い人であっても注文を行うことができたり、疑問に思っていることを尋ねることができます。

サイト上にアップされている商品の画像や詳細が明確で、かつ分かりやすいサイトというのは重要です。
有名商品だけでなく、品ぞろえの良いサイトも安心と言えます。

最後にサイトURLがhttps://~で始まるサイトというのは、暗号化されており、プライバシーがしっかりと保護されているサイトです。
注文を行う際に住所や氏名、クレジットカード番号などの個人情報を入力すると思います。
https://~で始まるサイトは個人情報が流失しないようになっています。

怪しいサイトには

  • 日本語がおかしい
  • 商品画像がない
  • 明らかに安すぎる
  • 人気商品しか取り扱いがない

これらのサイトは怪しいサイトである可能性があります。
上記の安心できるサイトの条件をもとにこのようなサイトでは薬を購入しないで下さい。

怪しいサイトで購入した医薬品は本物であるかどうかも怪しいです。
偽物と知らずに服用して、健康被害に合う恐れもあります。

怪しいサイトだなと思った場合には利用しないで下さい。

通販する時の注意点

通販する時にはいくつかの注意点があります。

  • 悪質な業者に気を付ける
  • 偽物が販売されている場合がある
  • 個人輸入のルールを守る

個人輸入は主に個人輸入代行サイトを利用して行います。
この代行サイトの中には悪質な業者も存在します。
支払をしたのに商品が届かない、偽物が送られてきたなどの被害が報告されています。
特に、偽物を販売している業者の薬を、偽物だと知らずに飲んでしまうことで健康被害を受けてしまう恐れもあります。
サイトの運営歴や会社情報、カスタマーサービスの有無などをチェックし、安心できるサイトを利用して下さい。

また、個人輸入は薬機法に基づいたルールがあります。
個人が使用する目的以外には個人輸入することが禁止されています。
それ以外にも、1回で輸入できる量が決まっています。
ほとんどの医薬品の場合には2ヵ月分以内とされています。
バルトレックスを通販する時には上記のようなことに注意して、便利に個人輸入を利用するようにして下さい。

個人輸入のルールについてはこちらを参照にしています。
医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

クリニックと通販の違い

クリニックでも処方されている薬をなぜ通販で購入するのでしょうか?
もちろん価格が安いということはありますが、それ以外にもいくつかの違いがあります。

価格だけで比較した場合には

  • クリニック:診察や検査、薬代を含め15,000円ほど
  • 通販:薬代だけ6,650円

まずクリニックは自由診療で治療をしているところもあります。
ヘルペスは症状が発症している状態でなければ検査することができません。
検査だけでも8,000円ほどの費用が掛かります。

これに加えて医師の診察費や薬代がかかります。
一回の診察で処方される薬の量は最大で10日分、再発のほとんどは5日分です。

通販では、1度に30錠から購入することができ、なおかつ病院1回分よりも価格が低く設定されています。
初めてヘルペスを発症した方はクリニックに行くことをオススメしますが、再発の場合には通販で治療薬を購入することをオススメします。

クリニックと通販、それぞれのメリットとデメリットを確認したうえで自分にはどちらが良いのかを選ぶようにして下さい。

クリニックで処方してもらうメリット

  • 診察をしてもらえる
  • 医師に相談できる

診察をしてもらえるということは、症状や状態からどのような治療が良いのかを選択してもらえるということです。
医師が直接診断することでバルトレックスが処方されますが、状態によってベストな診断をしてもらうことができます。
医師に相談できるということは、薬について飲み方や併用禁忌薬なども相談することができます。
バルトレックスに対しての知識やヘルペスの治療に対しての知識がなくとも医師に相談することで安心して治療をすることができます。

もしも、医師による診察で処方してもらった薬により副作用が発生してしまった場合は、医薬品副作用被害救済制度を利用することができます。
正しい使用方法を取っていても副作用が起こってしまう場合があります。
もしも、その副作用によって重大な健康被害が起こってしまった場合には医薬品副作用被害制度を利用することができます。

医薬品副作用被害救済制度について詳しくはこちらから
医薬品副作用被害救済制度

クリニックで処方してもらうデメリット

  • 手間と時間がかかる
  • 治療費がかかる

クリニックに直接行って診察を受ける必要があります。
バルトレックスは処方せん薬となるため、医師の診断の元処方してもらえますが、クリニックの診察時間内に診察しに行かなければならなかったり、近くにヘルペスを診察してくれる病院ない場合には自宅から遠い場所に通院しなければなりません。
調べる時間や移動時間などがかかってしまいます。
また、クリニックに行った場合には、薬代以外にも診察費や場合によっては初診料がかかることもあります。

性病としてヘルペスの診察を行った場合、検査や治療費が自由診療になってしまう可能性もあります。
その病院によって変わることもあるようです。

通販で購入するメリット

  • 価格が安い
  • 時間がかからない
  • 人にバレずに購入できる
  • まとめ買いができる

価格が安いというのは、クリニックとは異なり診察や処方せんが必要ないためです。
個人輸入では普段のネット通販と同じように注文することができるため、時間がかかりません。
また、性器ヘルペスなどの治療の場合には、人バレたくないという人もいることかと思います。
通販で購入することで、クリニックで誰かに会うこともなく購入することができます。

またクリニックでは通常の場合、14日分程度の処方になりますが、通販の場合は1か月分購入することができますので、クリニックに行く時間が取れない方には、最大のメリットになります。

通販で購入するデメリット

  • 届くまでに時間がかかる

バルトレックスを通販で購入する場合には海外から個人輸入するという方法になります。
もちろん発送も海外からとなるため、注文から手元に届くまでに1週間~2週間ほどの時間がかかる場合もあります。
今すぐに治療したいという場合には、クリニックに行くことでその日のうちにバルトレックスを購入することができます。
常備薬として置いておく場合には良いですが、今治療したいという場合には時間がかかってしまいます。

お家で簡単にヘルペスを検査する方法

ヘルペスをお家で簡単に検査することもできます。 ヘルペス検査キットを使用することで、再発時にも確認することができます。

iCAREのヘルペス検査キット

iCAREヘルペス検査キット

iCAREヘルペス検査キットはJALイノベーションが製造している性器ヘルペスの検査キットです。
1箱2160円から販売されており、家で簡単に検査することができます。

ヘルペス検査キットは血液を採取することでヘルペスウイルスの有無を確認することができます。
15分ほどで検査することができます。
ヘルペスかな?と疑わしい症状がある場合に使用することでヘルペスウイルスの有無が分かり、パートナーの感染を防ぐことができます。
使い切りとなるため、衛生面も保たれています。

使い方

・検査キットの中に、テストカード、アルコール消毒綿、筒状ランセット(安全針)、血液試験カセット、スポイトが入っていることを確認して下さい。

・手を石鹸で洗い清潔な状態にして下さい。
その後、消毒綿を指に塗り、採血する指を消毒して下さい。

・筒状ランセットを取り出し、保護キャップが押し込まれないように注意しながら水平に引き抜いて下さい。

・消毒した指の中心部(第一関節までの中間部分)にランセットの針を優しく押し付け、穴があくまで押し込んで下さい。

・針が指に刺さった後、血液を2、3滴採取して下さい。
この時に気泡が入らないように注意して下さい。

・1滴目の血液は清潔なティッシュやガーゼなどでふき取り、2滴目から付属のスポイトを使用し目盛のところまで採取して下さい。
この時にも気泡が入らないように注意して下さい。
(ランセットを使用して血液を採取する際には大量に出血が起こることはまずありません。
万が一出血が止まらない、異常を感じた場合には、絆創膏などで止血し速やかに病院に行くようにして下さい。)

・十分血液が採取できた後、血液試験カセットを水平に置き1、2滴ほどサンプル窓に垂らして下さい。

・そのまま10分から15分時間を置き結果を確認して下さい。

  • 陽性の場合にはCとTのどちらにも線が入ります。
  • Cにのみ線が入った場合には陰性です。
  • 線が入らない、Tに線が入る場合には検査失敗となります。

注意すること

ヘルペス検査キットは使い切りの検査薬となります。

  • 一度使用したものを再度使用しないで下さい。
  • 開封後はできるだけ早く使用して下さい。

説明書通りに使用することで正確な検査をすることができます。
誤った使い方をした場合には検査結果が異なる場合があるため、注意して下さい。

バルトレックスは外用薬よりも効果がある?

笑顔の女性

バルトレックスは内服薬となりますが、ヘルペス治療に使用される外用薬よりも効果があります。
最短で5日間の服用で治療することができます。

これはヘルペスの繰り返す再発に対してとなりますが、1回の服用量が高用量となるため効果が現れるのも早くなります。
ほとんどの再発の場合には5日ほどで症状が治まると言われています。
最短で5日と言いましたが、心配な場合には症状が治まった後も1週間ほど薬を飲み続けると良いです。

バルトレックスがヘルペスウイルスを抑える仕組み

バルトレックスの有効成分バラシクロビルは、アシクロビルの改良版となるプロドラッグです。
プロドラッグとは、体内で吸収された後に、酵素により薬が変形することで効果を発揮するお薬となります。
ヘルペスウイルスの増殖を抑えることでヘルペスの症状を治療します。

ウイルスの増殖を防ぐためには、DNAポリメラーゼを阻害しなければなりません。
バラシクロビルはこのDNAポリメラーゼを阻害する働きがあり、ウイルスのDNAの複製を防ぎ、増殖を抑えます。
また、ウイルスへの効果だけでなく、皮膚に起こっている発疹や症状の悪化を防ぐ効果もあります。

バルトレックスは単純ヘルペスヘルペスウイルス1型と言われている、口唇ヘルペスや性器ヘルペス以外にも、単純ヘルペスウイルス2型の水痘や帯状疱疹にも効果を発揮します。

バルトレックスの飲み方

薬の飲み方

バルトレックスは多くのヘルペスウイルスに対しての効果がありますが、それぞれの症状によって服用方法が異なります。
使用する前に一度確認するようにして下さい。

性器・唇ヘルペスを治療する場合

成人は1日2回、1回500mgを服用して下さい。
小児は体重40kg以上で1日2回、1回500mgを服用して下さい。
食事の影響を受けることがないので、食後でも服用することができます。
12時間毎に服用することで、薬の血中濃度を一定に保つことができます。
また、服用中には普段よりも多く水分を摂るようにして下さい。
1回の治療では5日間服用を継続して下さい。

症状が現れてからは3日以内に服用を始めて下さい。
基本的には1週間服用するようにして下さい。

性器ヘルペスの再発を予防する場合

成人は1日1回、1回500mgを服用して下さい。
HIVの感染者の方は1日2回、1回500mgを服用して下さい。
小児は体重4kg以上で1日1回、1回500gを服用氏、HIV感染者の小児は1日2回、1回500mgを服用して下さい。
毎日同じ時間に服用することで、薬の血中濃度を一定に保つことができます。

性器ヘルペスに対しては再発予防効果もあります。
1日に500mgを服用することで再発を予防することができますが、頻繁に再発を繰り返す場合には1日2回、1回250mgにして服用するようにして下さい。
1年に6回以上再発してしまう場合は、予防として1年間服用を続けて下さい。

帯状疱疹や水疱を治療する場合

成人は1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
小児は体重40kg以上で1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
成人の水疱には5~7日間服用し、小児では5日間服用して下さい。
帯状疱疹には7日間服用して下さい。

バルトレックスを飲むときの注意

バルトレックスの服用中には、めまいやふらつきが起こることがあります。
そのため、高所での作業や車の運転、危険の伴う作業をする際には十分に注意して下さい。

また、腎障害や腎機能が低下している方が服用する際には、脱水症状を起こしやすくなっています。

しっかりと水分補給をするようにして下さい。

発症初期に服用を開始することで高い効果があります。
発症してからはできるだけ早く服用を開始するようにして下さい。

バルトレックスの副作用

バルトレックスには副作用があります。
主な副作用と重篤な副作用があるので、薬を服用する前に確認するようにして下さい。

主な副作用

主な副作用には

  • 肝機能検査値の上昇
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • そう痒
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 腹部不快感
  • 下痢
  • 腹痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 意識低下
  • 腎障害
  • 排尿困難
  • 光線過敏症
  • 尿閉

などがあります。

重篤な副作用

重篤な副作用には

  • アナフィラキシーショック、アナフィラキシー
  • 汎血球減少、無顆粒血症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群、血小板減少性紫斑病
  • 急性腎不全
  • 意識障害(せん妄、妄想、厳格、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症など)
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 呼吸抑制、無呼吸
  • 間質性肺炎
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 急性膵炎

があります。
上記の症状が起こった場合には使用を中止するようにして下さい。

バルトレックスと一緒に飲んではいけない薬

バルトレックスには一緒に飲んではいけない薬、併用禁忌薬がありません。
ですが、心配な方は病院に行くようにして下さい。

バルトレックスと一緒に飲むのに注意が必要な薬

・プロぺネシド
アシクロビルの腎排泄が抑制され、平均血漿中濃度が増加するため。

・シメチジン
アシクロビルの腎排泄が抑制され、AUCが増加するため。

・ミコフェノール酸・モフェチル
尿細管分泌で競合し、排泄が抑制され両成分のAUCが増加するため。

・テオフィリン
テオフィリンの血中濃度が上昇し、中毒症状が現れることがあるため。

バルトレックスの詳細について

バルトレックスの詳細については下記サイトを参考にしています。

医療用医薬品 : バルトレックスを参考にしています。

患者向医薬品ガイドを参考にしています。


TOP