バラシクロビル【バルトレックスジェネリック】

バルトレックスジェネリック

有効成分バラシクロビルは抗ウイルス薬の一つです。
ヘルペスを短期間で治療できること、ヘルペスの再発を予防することができます。
有効成分にバラシクロビルを含むヘルペス治療薬の先発薬には、バルトレックスがあります。
バルトレックスは日本でも処方されている薬ですが、通販を利用することで低価格なジェネリックを使うことができます。

⇒【正規品】バルトレックスの通販はコチラから

バルクロビル

バルクロビル
メーカー センチュリオン
用量 500mg
バルクロビルはセンチュリオン社が製造しており、1錠122円から販売されています。 ジェネリックの中でも一番価格が安くなっています。

バルシビル

バルシビル
メーカー シプラ
用量 500mg・1000mg
バルシビルはシプラ社が製造しており、1錠152円から販売されています。
ジェネリックの大手会社からの販売となり青色の楕円形の錠剤となります。

バラシクロビルの飲み方

  • 口唇ヘルペス
    成人は1日2回、1回500mgを服用して下さい。
    小児は体重40kg以上で1日2回、1回500mgを服用して下さい。
    5日間の継続服用が必要となり、初めてヘルペスを発症した方は10日間飲み続けて下さい。
  • 性器ヘルペス
    成人は1日1回500mgを服用して下さい。
    HIVの感染者は1日2回、1回500mgを服用して下さい。
    小児は体重40kg以上で1日1回500mgを服用して下さい。
    1年間の継続投与することで再発の予防をすることができます。
  • 水疱
    成人は1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
    小児には体重40kg以上で1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
    5日から7日間服用して下さい。
  • 帯状疱疹
    成人は1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
    小児は体重40kg以上で1日3回、1回1000mgを服用して下さい。
    7日間服用して下さい。

バルクロビルの効果

バラシクロビルは体内で吸収された後、酵素によりアシクロビルになり、ヘルペスウイルスの増殖を抑え、皮膚症状の悪化を防ぎます。
ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があり、皮膚症状の悪化を防ぎます。

バラシクロビルの副作用

主な副作用には

  • 肝機能検査値の上昇
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • そう痒
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 腎障害

などがあります。

バラシクロビルの併用禁忌薬と注意薬

バラシクロビルには併用禁忌薬がありませんが、併用注意薬があります。

  • プロぺネシド
  • シメチジン
  • ミコフェノール酸モフェチル
  • テオフィリン

上記の薬を服用している方は、注意して下さい。


TOP