ヘルペスから角膜炎?気を付けたい症状と治療法

ヘルペスから角膜炎?気を付けたい症状と治療法

ヘルペスは口の周辺や性器だけにできるものではありません。
実は、目にもヘルペスウイルスが感染してしまう可能性もあるのです。

ヘルペスの皮膚症状がある場合には、ヘルペス角膜炎にも注意しなければなりません。

一体、ヘルペス角膜炎ってなに?
どのような症状があるの?

ここでは、ヘルペス角膜炎について詳しく解説していきたいと思います。

ヘルペス角膜炎

ヘルペス角膜炎

ヘルペス角膜炎は、ヘルペスウイルスが原因で起こる角膜炎のことを指します。
ヘルペスと言うと皮膚に症状が起こるものと思う人が多いですが、実は皮膚だけでなく目にも症状が起こるのです。

ヘルペス角膜炎の原因となるウイルスは2つあります。
帯状ヘルペス単純ヘルペスです。

帯状ヘルペスは水ぼうそうなどを引き起こすヘルペスウイルスになり、単純ヘルペスは口の周りや上半身に水ぶくれを引き起こすヘルペスウイルスです。

このヘルペスウイルスは三叉神経の根元に生息しているものですが、免疫力が低下してしまうことで、神経を通って角膜に炎症を起こしてしまいます。
一度発症してしまうと症状が落ち着いても、再発してしまうことも多くなります。

主な感染経路

基本的には単純ヘルペスや帯状ヘルペスに感染している人が何らかの原因によってその症状が目に起こることで発症します。

もう一つは、単純ヘルペスや帯状ヘルペスの症状が起こっている部位を手で触れてしまい、そのまま目を触ってしまうことで発症することもあります。
自分自身がヘルペスを発症していなくても、ヘルペスを発症している人の食器やタオルを使い回してしまうと、ヘルペスウイルスが目に入りヘルペス角膜炎が起こる可能性があります。

元々ヘルペスウイルスを保持している人は、免疫力を低下させてしまうと発症リスクが高くなってしまうので、注意して下さい。

症状

ヘルペス角膜炎は2つのタイプに分けることができます。

  • 上皮型
  • 実質型

の2つです。

上皮型というのは、眼球の表面に見えるように症状が発症します
これは、角膜の一番外側でウイルスが増加します。
その症状は、木の枝のように広がって見れることから、樹枝状角膜炎と呼ばれています。
目の充血や目の痛みがあります。
眼球に枝のような症状があれば発見しやすいですが、目の違和感だけある場合には発見が遅れてしまうこともあります。

実質型というのは角膜内にある、実質層と言われる部分に症状が発症します
角膜の中心となる部分で免疫反応が起こるため、白っぽくにぼっているような症状があります。
素の症状から円板状角膜炎と呼ばれています。
視力が低下してしまったり、視野が欠損してしまうなどの症状があります。
また、目が白く濁っているような症状があるため、早期に発見することができます。

ヘルペス角膜炎は初期症状として、目のごろつきや充血などの症状があります。
目に違和感を感じた場合にはできるだけ早く検査を行い治療を開始するようにして下さい。

治療法

ヘルペス角膜炎の主な治療法は、抗ウイルス薬を使用しての薬物治療となります。

眼軟膏を使用しての治療が行われる、内服薬の治療を行うなどあがあります。
上皮型ではアシクロビルの使用によって、ヘルペスウイルスを抑えながら、細菌感染が起こらないように抗菌効果のある点眼薬を使用します。

実質型の場合にはウイルスを抑えるだけでなく、炎症を抑えるためにステロイド薬を使用することもあります。

角膜の治療を行う際は、必ず医師の指示に従うようにして下さい。
もしも間違った治療を行ってしまうと、後遺症が残ってしまったり、最悪の場合には失明してしまう恐れもあります。
注意して治療を行って下さい。

予防法

ヘルペス角膜炎の予防法はヘルペスの予防法と同じようなものです。
特に、再発するリスクがあるため、再発を予防することが重要となります。
再発を繰り返してしまうと、角膜が白く濁ったまま元に戻らず、視覚障害を起こしてしまうこともあります。

基本的にヘルペスウイルスは免疫力が低下している時に再発リスクが高くなります。
日常生活から免疫力を落とさないように、栄養バランスの整った食事をする、しっかりと睡眠を取る、ストレスを溜めないようにしましょう。

また、角膜炎だけでなく、皮膚にヘルペスの症状がある場合にも、症状のある部位を触れた手で目を擦ったりしないように注意するようにして下さい。
自分だけでなく、自分の周りの人がヘルペスを発症している時も、食器やタオルを使い回さず、こまめに手を洗う、アルコール消毒を行うようにしましょう。

角膜炎を予防しよう!

ヘルペスに感染していると、角膜にも発症するリスクがあります。
現代ではコンタクトレンズを使用する人が増加したことで、目に関するトラブルも多く起こっています。
しかし、目は非常に重要となるため、健康で正常な状態を維持する必要があります。

ヘルペスに感染してしまった人は、角膜にも感染するということを覚えておいて下さい。
ヘルペス角膜炎は治療をすることで症状を落ち着かせることができます。
角膜にまで感染しないように予防をする、再発しないように予防をするなど、しっかりと角膜炎の予防をするようにして下さい。

⇒バルトレックスの通販はコチラから


TOP